MENU

40代独身女性の実家暮らしは痛いしやばい!みじめでかわいそうから逆転する恋愛の始め方【本音あり】

40代独身女性 実家暮らし 痛い
女性

40代独身で実家暮らしだと、世間からはいろいろな見方をされて肩身が狭いです。事情があるのに痛いとかやばいとか思われて、傷つくことも多くプレッシャーにもなっています。

実家暮らしの独身女性に対する周囲の目は、年齢が上がれば上がるほどネガティブなものが多いです。

40代ともなると、「性格に問題がある」「家事ができない」など行き遅れや売れ残り感たっぷりに言われたりします。

正直、40代独身女性に対する世間の見方は厳しく、婚活をするにも不利な状況であることは間違いありません。

みじめな気持ちになってしまう方もいるかもしれませんが、今の現状から人生を変えたいと思っているならば「40代で実家暮らしの独身女性」に対する世間の厳しい目がある現状を正しく理解した上で、現状から逆転できる恋愛の始め方を学びましょう。

この記事では、40代で実家暮らしの独身女性が「痛い」・「やばい」・「みじめ」・「かわいそう」と思われている理由や、不利と思われる状況からの婚活の仕方などを詳しく紹介します。

「このままでいいのかな」と悩んでいる40代独身女性に少しでも参考になればと思いますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

40代女性に最もおすすめの結婚相談所

会員の半数以上が40代女性と相性の良い30代後半から40代男性であり、入会1年以内に93%以上の会員が交際相手を見つけています。

交際率&成婚率は業界No.1

40代で入会する結婚相談所を迷っているのならココで間違いありません!

40代後半という年齢にも関わらず、2ヶ月の活動での成婚退会。この結果は少なくとも自分が行動しなければ得られなかったこと。実際に一歩踏み出すことが大事だと感じた。(2ヶ月で成婚退会、47歳女性)

仕事に没頭して20年。「何かを頑張って続けている人、自分を啓発してくれるような人を」と考えていた夫と出会い、これまでの人生全てを肯定するような、幸せな結婚生活を手にできた。(3ヶ月で成婚退会、40歳女性)

目次

40代独身女性の実家暮らしは痛いしやばいのか?正直世間の声は厳しい【本音あり】

40代独身で実家暮らしの女性には「痛い」「やばい」「かわいそう」などの声がSNS上でもたびたび見られます。

婚活中の男性から見た場合、「40代で独身、更に実家暮らしなんて何か人間的に問題があるのでは?」と思われ敬遠されがちです。

実際近所の目が気になったり、直接皮肉やからかいなどを言われる人がいるのも残念ながら残酷な事実。

「正直世間の目は厳しい」と実感している40代独身で実家暮らしの女性の本音をまとめてみました。

私は40代独身女性、現在も実家暮らしです。以前の職場で心の病になる前に 後輩などからよく中傷されました。何がいけないのですか。それぞれ個人の理由があって、独身・実家暮らしなのです。あだ名をつけてツイートすること自体、ハラスメントだと思います。

引用元:Twitter

「子供部屋おばさん」そんな呼び名があるなんて今日知った!!衝撃。ちなみに、40代過ぎても親と同居している独身女性のことらしい。なるほど。

引用元:Twitter

40代独身なんですが… 訪問介護の利用者さんなどから「結婚してないの?どうして?」「あなた独身なの?」と言われるたびに、しばらく傷付きます。 未婚、既婚に関わらず、楽しく過ごせればいいと思っています。 離婚して独身の方も、いちいち説明するのが面倒だろうなぁと勝手に思ったりする。

引用元:Twitter
女性

40代実家暮らしの独身女性は、独身でいる理由や実家暮らしの理由などいまだに詮索されるんですね。好奇の目を向けられ、社会や世間からの疎外感を感じるのもわかる気がします。事情があるのにわかってもらえない場合は特につらいですね。

40代独身女性の実家暮らしは痛いしやばいと思われてしまう理由

40代独身女性の実家暮らし、そもそもどうして痛いとかやばいと思われてしまうのでしょうか。

世間の人が持つイメージや先入観による思い込みなどを合わせると、主なものとしては次の6つです。

  • 家事ができない
  • 経済的に自立していない
  • 社会生活の常識がない
  • 親に甘やかされていつまでもわがまま
  • 親に依存しすぎ
  • お金の使い方にズレがある

事情を知らない第三者が勝手に思っていることも含まれますが、身近にいる40代独身女性を見ての感想もありました。

それではひとつずつ見ていきたいと思います。

痛いと思われる理由①家事ができない

これはイメージというより実際そういう人が身近にいる、という人のコメントが多かったです。

40代という年齢的にはすでに高齢者のお母さんが毎日お弁当を手作り、というパターンは周りから見れば痛い人以外の何者でもありません。

「黙っていても食事が出てくる」「掃除も洗濯も全部やってもらえる」という実家暮らしは、家事ができないというイメージが定着してしまいます。

もちろん食事も洗濯も自分でしてる!という人だって当然いますが、そう見てくれないのが世間の目の厳しいところです。

職場の実家暮らしの40代独身女性が数人いるんだけど、みんなお母さんの手作り弁当。お母さんが作れない時はカップラーメンとか…実家暮らしだと家事しないよねー私もしないわ(´・ω・`)

引用元:Twitter

痛いと思われる理由②経済的に自立していない

40代であれば仕事をしてある程度お給料をもらっているのにも関わらず、実家にお金を入れない人は「痛い」と思われてしまいます。

中には40代でもスマホ代を親に出してもらっているという人もいて、相当厳しい意見がありました。

自分のものにはお金をかけるほど経済的に余裕があるのに、実家暮らしで自立してないなんて痛いという意見が多かったです。

ただ、お金を持っているイメージとは真逆の目で見ているコメントもありました。

そう言えば、我が前派遣先の派遣社員40代女性で独身の人が多くて、大概親と同居してるんだよね。 時給も低くて、一人暮らしだとカチカチ過ぎて貯蓄も出来ないからの選択なんだろうけど

引用元:Twitter

つまり、40代だけどお金がないから実家にいる痛い人と思われているパターンです。

40代独身女性が実家暮らしをするのは、経済的に自立していないと思われている両極端の理由だったのはとても意外でした。

痛いと思われる理由③社会生活の常識がない

ゴミの分別や出し方がわからない、曜日も覚えないなど生活における常識的なことを知らないので痛いと思われる人もいます。

一ヶ月の光熱費や食費にも頓着せず、生活全般や行政の手続きなど今まですべて親まかせという印象が強いからでしょう。

一人暮らしなら経験で覚えていくことが未だにできない、世間知らずな痛い人と見られてしまう傾向があるようですね。

身近に40代で実家暮らしの独身女性を知ってますが、光熱費やガス代の相場を知らなかったり、ゴミの分別基準を知らなかったりする…。 本当に人生で一度は一人暮らし経験した方がいい。じゃないと無知すぎてお話にならないことも…。

引用元:Twitter

痛いと思われる理由④親に甘やかされていつまでもわがまま

「親が好きでやっているんだ」とか「喜んでやっているから」という理由で、40代にもなって家のことは何もせず自分の好きなことしかやらないというイメージから”痛い人”と思われていることもあります。

娘という立場は変わりませんが、親に対するいたわりや感謝の気持が薄いようにも思われているのは否めません。

職場やコミュニティでうっかり出てしまっているわがままぶりが、世間からは厳しい目で見られてしまいます。

知り合いの女性(40代独身、実家暮らし)のお母様が体調不良で検査入院。「毎日仕事帰ってから家事で睡眠不足の上病院からアレ欲しいコレ欲しいって電話かけてきて参る」とか言ってるけどその年まで洗濯食事を親にやってもらってた事のがどーよ?って感じ…。今までの事まず感謝でしょ?

引用元:Twitter

痛いと思われる理由⑤親に依存しすぎ

40代にもなって食事をほとんど作らないばかりか、会社へ持っていくお弁当まで作ってもらっているのは依存しすぎという意見もあります。

他にも「仕事の送り迎えをしてもらっている」など痛いと思われる理由が結構ありました。

40代になっても70代の母親の作ってくれるお弁当を持って仕事に行ってる人って…。 親と同居する独身女性、さらにバリバリ働く女性ならそれも許容されるのか。 私からすれば親に甘えている。 でも親の幸せでもあるのかもしれない。

引用元:Twitter

他に親離れ子離れに関してもコメントが多く、決定権が親にあることへの違和感を隠せない人もいました。

今日仕事で会った40代独身女性実家暮らしの人、 自分のことなのに 「母と相談して決めます」ばかりだし 母親も40過ぎの娘撫で撫でしながら話てたし、 気持ち悪い以外の感情が出てこなかったな…

引用元:Twitter

一緒に働いてる人(40代女性、独身、実家暮らし、お弁当は毎日お母さんが作ってくれる)が何かある度に、「お父さんに相談したら…」「お父さんがこう言ってたから…」と言うのでもにょもにょしてる。びっくりするほど親離れできてないな!

引用元:Twitter

親が率先して世話をするにしても子供が親を頼りすぎるにしても、依存しすぎて痛いのは同じのようです。

痛いと思われる理由⑥お金の使い方にズレがある

40代にもなって家計のやりくりなどをしたことがないと、高いものでも平気で買ってしまったりするのも痛いと思われる理由です。

同時に管理することが苦手だと、貯金もなくただ自分のためだけに浪費しているように受け取られてしまいます。

生活費の心配をしなくていい生活はある意味幸せですが、金銭感覚や管理能力を養う機会を失っているとも言えるのです。

親元を離れ自活している人から見ると、お金の使い方にズレがあるから痛いという訳です。

知り合いの40代独身の女の人、もうえらい高い宿泊まったりひたすら海外旅行に1人で行ったり金が有り余ってんだろうなぁ。逆にここまで楽しんでると、何もこわいものないんやろか?

引用元:Twitter

40代独身女性の実家暮らしはみじめでもかわいそうでもない!

世間がなんと言おうと、「40代独身実家暮らしの女性はみじめでもかわいそうでもない!」という声ももちろんたくさんあります。

実際40代独身女性で実家暮らしの理由を調べてみると、

  • 親の面倒をみたいから
  • 職場に近いから
  • 将来のために貯金できるから

などポジティブなものや単純な理由で実家暮らしを選んでいる人が多くいました。

「親の面倒をみる」の中には介護も含まれますが、親がまだ元気なうちに一緒にいてサポートしたいという前向きな理由もあります。

「将来のための貯金」はいつか自分一人になるときのためだけでなく、急な病気や入院で仕事ができなくなった時に備えとしても必要だからです。

それは同時に万が一のとき親に迷惑をかけないようにという気遣いのあらわれですよね。

事情を知らない第三者や世間が思うような「楽だから」とか「自分勝手に生きたいから」というものとは少し違います。

ですから、親や家族との関係が良好であれば実家にいることは何も問題ありません。

仕事をして家事もしてそのうえ直接親孝行もできる環境ですから、決してみじめでもかわいそうでもありませんよね!

女性

40代独身女性実家暮らしでも、きちんと仕事をする憧れの女性として尊敬されている人もいます。世間の厳しい目や偏見を気にせず、堂々と胸を張ってください。

40代独身女性実家暮らしでもできる恋愛の始め方!おすすめの結婚相談所は?

そうは言っても40代で実家暮らしだと、「このままずっと独身でいるのかな」とあきらめている女性は結構多いと思います。

「今更婚活なんて恥ずかしい」「婚活のことを親に詮索されるのはイヤ」という気持ちもよくわかります。

実家暮らしは結婚の妨げになる場合もありますが、でもそのせいで婚活に踏み切れないとしたらもったいないですよね。

40代独身女性で実家暮らしでもできる恋愛の始め方は、すばり結婚相談所です!

真剣に結婚を考えている人たちが集まる場所ですし、身元もきちんとした人ばかりなので安心です。

費用はかかりますが、その分専任のスタッフが丁寧にサポートしてくれるのでとても心強いですよ。

40代や実家暮らしなど男性が躊躇しそうな条件でも、プロのアドバイスでスムーズに婚活できます。

もし結婚をあきらめていないのなら、すぐにでも行動を起こしてみてください!

40代独身女性におすすめの結婚相談所はパートナーエージェント

40代独身女性におすすめの結婚相談所は、パートナーエージェントです。

専任のコンセルジュが全面的にサポートしてくれる、成婚率では業界NO.1の実績を誇る結婚相談所です。

コースやプランも充実していますし、日程や場所の調整や面談などでの相談も受けてもらえます。

「恋愛からしばらく遠ざかっていた」「結婚相談所なんて初めて」「仕事が忙しくて時間が取れない」など、不安や心配を感じるかもしれません。

そんな40代独身女性の様々な事情にもフレキシブルに対応してくれるので、とっても頼もしいですよ。

実家暮らしだからとあきらめず、40代からの恋愛をこれから始めてみてはいかがでしょうか。

40代独身女性の実家暮らしは痛いしやばい?みじめでかわいそうから逆転する恋愛の始め方まとめ

今回は40代独身女性の実家暮らしは痛いしやばい!みじめでかわいそうから逆転する恋愛の始め方をお伝えしてきました。

40代独身女性の実家暮らしのイメージとして、

  • 家事ができない
  • 経済的に自立していない
  • 社会生活の常識がない
  • 親に甘やかされていつまでもわがまま
  • 親に依存しすぎ
  • お金の使い方にズレがある

など、現実は少し厳しいです。

40代で独身実家暮らしの女性がもう一度輝きたい!と思うのであれば、恋愛の始め方としては結婚相談所がおすすめです。

パートナーエージェントなら会員に40代も多く、婚活から結婚への可能性がかなり高いからです。

世間の厳しい目や心無い意見などものともせず、自分の幸せのためにぜひ前向きに人生を謳歌してください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

makiのアバター maki 婚活アドバイザー

30代、婚活歴8年。30代で結婚相談所に入会したった3ヶ月で成婚退会。婚活中出会った人数は100人以上。経験を活かすために婚活アドバイザーの資格を取得し、結婚相談所開業予定。自身の経験に基づくマッチングアプリの使い方や入会したからこそ分かるおすすめの結婚相談所とそのリアルな情報を紹介している。

目次