KJブランド

KJブランド

  1. English
  2. 中文
  3. Portugues

私たちの川島

川島の風景
  • 2021.07.06
  • ~夏~

かえるがいっぱい かわじままち

明らかに人口よりもカエルの方が多い川島町。日が暮れる頃になると、そこここで呼応するようにカエルが鳴きはじめます。

しかし、『ケロケロ』『クワッ』といった可愛らしいやり取りは序盤だけ。日が落ちると徐々に参加者が増え、ボルテージが上がり、その音量は予想を超えてきます。田んぼに隣接する家では、涼もうと思って窓を開けると、カエルの鳴き声が大きすぎて、テレビのボリュームを2つばかり上げなくては聞きづらいくらいです。

写真はオタマジャクシを卒業したばかりの新米アマガエルたちです。川島にはトノサマガエルやダルマガエルもたくさんいるのですが、彼らは警戒心が強いので、なかなか写真を撮らせてくれません。逆に、アマガエルはちょっと気を抜き過ぎです。

  • 2021.07.05
  • ~夏~

雨でも輝く 古代蓮 【平成の森公園】

梅雨を鬱陶しいと思ってしまいがちですが、雨の季節は古代蓮の季節でもあります。

蓮の逆円錐状の大きな葉が雨水を湛え、大小の水滴が滑らかな葉の表面をくるくると踊る姿はとてもユニークで美しく、いつまでも見ていられます。雨がなくては成立しない風情です。

晴れた日の蓮の花は文句なしに美しいし、それを観たいのは勿論なのですが、小降りの朝には、あえて蓮の葉と水滴の観賞に訪れてみてもいいのでは。